モンスターカレンダー

« 2013年8月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

老人性脱毛症とは

加齢を重ねるとどうしても老人性脱毛症になります、これは歳と共に体の衰えと同じく毛髪も加齢によって衰退してしまうからです。
一般的には、50才を過ぎた当たりから髪の毛が徐々に減って行きます。
年齢が若い頃より抜け毛の量が増え、また髪の毛が新し生え変わるサイクルも遅くなります。
よって生え変わりのバランスが悪くなり、新しく伸びてくる髪の毛より抜け毛の量の方が圧倒的に多くなり、脱毛症になります。
この現象が若いうちに始まってしまうのが、俗に言う若はげと言った物になるのではないでしょうか。
若はげのメカニズムに関しては、未だ専門家でもハッキリとした原因は解明出来ていない物ですので、
これをしたら絶対に改善出来ると言った物は無いのでは、と思います。
老人性脱毛症は病気ではありませんので、治療と言った事も難しくなる物です。
人間の老化を止められない事と同様、脱毛も悪化の一途を辿るばかりです。
しかし止められない事は事実ですが、食生活の改善によりその進行をゆっくりとした物にする事は出来るのではないでしょうか。
食生活をより良い物にすれば、体のあらゆる箇所が健康になり、それによって頭皮にも何らかの影響をもたらしてくれるのではないでしょうか。
脱毛に関して絶対的な物ありませんが、やってみても良い事はいくつかあるのではないでしょうか。